伝統文化

HOME > 伝統文化

民族

民族

三亜は漢民族と黎、苗、回等少数民族が集中居住している区域であり、特に黎族は海南唯一の原住少数民族で、彼らは歌も踊りも上手で、自由恋愛を尊重しています。

毎年の旧暦の三月三日は黎族住民が愛情を歌い、豊作を祈り、カーニバルを繰り広げる伝統的な祭りがあります。
三亜の回族は主に鳳凰鎮に集中住居し、イスラム教を信仰し、彼らの伝統的宗教行事は、<ラマダン明けの祝日>、<コルバン祭>、<聖誕祭>等があります。

宗教

宗教

三亜の主な宗教は、仏教、道教、イスラム教とキリスト教があり、仏教は三亜の南山文化観光エリアの中で最も影響力を持ち、高さ108メートルの世界一と呼ばれる南山海上観音聖像が建てられ、2005年4月24日に盛大な開眼(新たに建てる)式典を催しております。
三亜の大小洞天観光区は、主に道教文化を発揚するエリアで、毎年旧暦の二月二日には、<龍抬頭>(龍は雨を司する神で、龍が首を擡げると、雨が降り始める)という祭典を催しています。回族はイスラム教を信仰するため、鳳凰鎮等では規模が異なる清真寺が合計6箇所建てられています。キリスト教会は紅沙鎮にあり、日曜日にそこで礼拝式が行われています。

風習

風習

今になっても、古い結婚風習は三亜の大部分に残っています。

檳榔問親 (ビンロウジ持参し、縁談を持ち込む)
新郎側の親が吉日を選んで、ビンロウジを新婦側の家に持っていき、新婦の親と会います。
紅紙合命 (両人の生年月日が書いてある紅紙にて結婚日を決める)
新郎、新婦の生年月日を占い師に見せ、吉日を選んでもらいます。
挑餅 (お礼の餅菓子を捧げる)新郎側が捧げる餅菓子の数は必ずカップルの意味を寓する偶数にならなければなりません。
洗頭 (頭洗い)結婚前夜に、新婦は化粧仕度をします。
結婚日 (結婚日)両人が天地の神に礼拝をしてから新婚夫婦の部屋に入り、ベットの上に落花生、なつめと蓮の実等を撒き散らします。これは<早めに子供を生む>を意味します。
和門 (実家に帰る)結婚翌日に、両人は必ずお昼の12時前にキャンディー、お菓子とビンロウジを持ちながら新婦の実家に到着しなければなりません。

市歌、市樹、市花

市歌:『天涯海角にようこそ』    市花:三角梅(ブーゲンビレア)    市樹:椰子樹

伝統文化祭り

「二月二日」 龍の日

「二月二日」 龍の日

開催日:旧暦の二月二日

毎年の旧暦二月二日は、中国の伝統的な祭り「龍が頭(こうべ)をもたげる日」であり、三亜の「龍が頭(こうべ)をもたげる日」は大小洞天観光エリアで行います。海南の伝統の風習に基づき、道家文化の色彩と現代的な「ブルーリボン」海洋保護活動を加え、「南海龍王祭祀式典」、「龍水洗い」、「龍頭撫で」等一連の龍の文化イベントを開催するのです。

海南黎、苗族「三月三日」

海南黎、苗族「三月三日」

開催日:旧暦の三月三日

黎族は「三月三日」を「恋愛の日」と称しますが、青年男女が互いに心を開いて、愛情を告白する日といわれています。毎年の「三月三日」になると、三亜では盛大な民族イベントを行い、主な内容は、民族歌舞大演出、民族体育競技会、たいまつ歌、各種の民族文化展示等となっています。

端午節龍舟競技会

端午節龍舟競技会

開催日:旧暦五月五日

旧暦の五月五日は端午節で、2千年以上前から、中国の民間風習ではこの日に粽を食べ、龍舟競技会等を行いながら、愛国詩人屈原を記念する伝統的な習慣があります。三亜でも、毎年の端午節になると、三亜河で盛大な龍舟競技会を行い、また、地元の人々は海辺で「龍水洗い」という行事をします。

中秋節

中秋節

開催日:旧暦の八月十五日

「海の上には明るい月が登り、天の果てでこの時を共に過ごす」。中国人が春節に次ぎ中秋節を重視します。「海辺で月見をし、月の神を祭祀する」、これは三亜現地の主要風俗習慣でもあります。

九九重陽祭り

九九重陽祭り

開催日:旧暦の九月九日

三亜は中国でも著名な長寿の故郷と呼ばれ、1999年の旧暦の九月九日の国際老人の日を皮切りに、三亜南山文化観光区では「老人を尊重し、健康と養生を求める」等をテーマに「中国南山長寿文化祭り」を開催し、長寿者の写真の展示、長寿養生の論壇、老人向けパーティー等のイベントを開催しています。

天涯海角婚礼節

天涯海角婚礼節

開催日:西暦の十二月

ブライダル、観光、新婚旅行を一体とする盛大な観光祭りとして、毎年国内外から数百名のカップルを引き付け、ここで新婚や結婚記念の喜びを祝い、お互いに愛情を表す祭を行っています。

海南島祭り

海南島祭り

開催日:毎年十一月の最初の週末から最終の週末まで。

海南省政府と国家観光局が共に開催し、「楽しい海南島、天国のようなリゾート」をテーマとし、一連の文芸演出、体育競技会、民族パーティー、花車巡り等大型慶祝イベントを通じて、全民を参加させ、全島が同時に楽しみ、国内外の観光客も一緒に参加する祭です。開催の目的は、海南観光文化を豊かにさせ、豊富な海島文化と観光資源を展示することにより、海南の「熱帯海島観光リゾート地」の美しさを世界に伝えるためです。

ページの先頭へ戻る